ジョーンズ骨折の恐れがあると診断されたが…

ジョーンズ骨折の恐れがあると診断された男性クライアント様。

数週間前から右足に体重をかけて足首を内反(内返し)の状態にすると小指側の根本が痛むとの事で整形外科でレントゲンを撮ってもらい異常はなかったそうです。

お医者様にはジョーンズ骨折の恐れがあるということでした。

さてジョーンズ骨折とはなんでしょうか?

昔まだ下駄を履いていた時に捻挫しやすかったためいわゆる「下駄履き骨折」とも言われていました。

足の甲の骨の第1から第5(小指側)まである中足骨のうち第5中足骨の基部の骨折をいいます。

足の骨格図

足の骨を示した骨格図です

クライアント様は空手をしており、また自転車の競技もされています。

お風呂に入ったときに良く足をマッサージしているけど治らないとの事。

当院では検査をとても重要視しています。

実際に立ってもらって痛みの出る状態を作ってもらいました。

その状態で1つ1つ筋肉を検査していきます。

まず後脛骨筋を調整しながらその動作をしてもらうと痛みが激減しました。

そこで後脛骨筋を調整して立ってもらうとまだ痛みがあるけどさっきよりはいい。

次は前脛骨筋です。

この筋肉を調整しながら立つとほぼ0です。

そこでここを調整すると痛みなく立てました。

なのでここの筋肉のケアをお教えしてこの部位は終了。

お話を伺うと空手のすり足のような形があるそうなのですが、
親指側に体重をかけるそうです。

形としたらいわゆる外返しの状態です。

この外返しの筋肉こそ前脛骨筋が大きく関与しています。

なのでここをケアすれば痛みは消えていくでしょうね。

ジョーンズ骨折にならずに済みますよね。

また来週100キロの自転車の大会があるそうなので怪我なく楽しんでもらいたいです!!

ジョーンズ骨折の恐れと対処法

①関連した筋肉
前脛骨筋、後脛骨筋、外側広筋、大腿筋膜張筋など。

②足首の外反状態

③原因
空手のすり足により足首を外反させる筋肉が酷使されたため疲労骨折のジョーンズ骨折になりかけた

④対処法
前脛骨筋の負担がかかるしこりの部分を良くほぐし、
その後ストレッチなどの運動をいれ、患部の血行を良くする。

2019年12月8日