顔が上を向けないのはなぜ?

今回は朝うがいをする時に顔を上に向けずお困りの女性クライアント様の声のご紹介。

顔を上に向けないクライアント様

顔を上に向けないクライアント様

動作の確認をすると左右や下向きは大丈夫。
けど上を向いてというと頑張って正面になるくらい。

つまり通常時、若干下向き加減。
5度くらいしかあがらない。

うがいをするとき腰から反らさないと出来ないとの事。

でも痛みはない。
これって何を意味するかわかりますか?

首といっても背骨1本で腰までつながっているので、
すべての背骨の間が狭まって動きに制限が出ているという事。

つまり首をがしゃがしゃ触っても治らない。

なので勿論足部からの施術。
だんだん上部へ。

そして今回の大元凶。

胸椎。

ここの個所の動きが特に悪い。
それと同時に肋骨の施術。

最後の最後に首のつまりを取り、
ストレートネックの調整。

その段階でなんか先生身長が伸びたみたい‼
健康診断の前に施術受けたかった!!
など冗談を飛ばしあい
いざ上向き。

グルんと上向けた 😛

横から見るとしっかり水平になって天井向けてる。
よかったです!!

そこで記念撮影。
首の症状も全身をみて原因を見極めないとね。

(2020年11月19日)