ぎっくり腰をサクッと施術

最近は変な天気が続いておりお体の不調を感じている方も多いのではないでしょうか?
気圧の影響や寒暖差で自律神経が乱れる事も大きな原因になります。

さて本日はぎっくり腰の女性クライアント様がいらっしゃいました。
妹さんのご紹介です。

腰椎痛み3

ギックリ腰の炎症

3日ほど前から右腰の痛みが出て朝起き上がる際や座って立ち上がる際に強い痛みが出ます。

検査は前屈で右腰に強い痛み。
左捻じりで右腰、右捻じりで腰全体に痛みがある。

ギックリ腰といってもこちらのクライアント様は軽症の部類に入ります。

本当に辛いと1度寝たら起き上がれなかったり、
立ったままの方が楽なんて場合は重症です。

こちらの方は患部に熱感もなく、
施術ベットにも寝れたので軽症です。(ご本人は辛いでしょうが・・・)

3日前の辛さを10とすると今日は7くらい。

もう検査をしたときすでに原因はわかってました。
右の仙腸関節のずれが痛みを引き起こしていました。
いわゆるPSISという個所が左と比べると1センチほど下がっており、
更に骨盤が開いておりました

あと大腰筋という腹部のインナーマッスルの緊張も大きな原因でした。

そこで全身を緩め、
右の仙腸関節の調整をし骨盤を締めると楽にベットから起き上がる事が出来ました。

左右の回旋動作もOK!!

おまけに肩もすごく楽になったと笑顔!!

何度も繰り返す場合は腹部の内圧が弱い事も多く
セルフケアをお教えして終了。

炎症がある場合はその場で痛みが消える事はありませんが、
大体数日で引くことが多いです。
多いパターンが3日目くらいにスッと痛みが消える。

炎症は筋肉の細かい繊維の小さい断裂なので修復まである程度時間はかかります。
傷口が塞がるのに時間がかかるのと同じ原理です。

皆様も体調管理に気を付けて精神、肉体をいたわってくださいね。
(2020年6月15日)