膝が外れそうな感覚

久々のご来院の男性クライアント様。

前回は首の症状でしたが今回は右膝の症状。
立っているだけで膝が外れそうで、
膝の下と外側のはりと痛みがある。

3日ほど前に足首の練習で痛めたそう。
当院に車で来られる際もアクセルを踏む際に痛みがあるとのこと。

膝関節2

右膝の痛みの画像

慢性の膝の痛みではなく、
どちらかと言うと練習で壊れた感じ。

検査ではじん帯の損傷は見られないので、
施術を開始。

ちなみに長年膝の痛みを抱えている方はほぼほぼ股関節と足関節に原因がある。
なぜならば膝関節は股関節と足関節の間に位置するからだ。

今回は膝のねじれと膝の下の脛骨の位置に原因がありました。

まず膝の外側の痛みをとるため直接膝関節をクルクルまわす。
「立ってみてどう?」
「ああ大丈夫。」

仰向けで足を伸ばした状態で膝の下部に違和感がある。
これは脛骨という骨が前に出てしまっている状態。
通常に暮らしていればこういう歪みはしない。

例外は座ったまま膝の太もも前面だけを鍛えるとこの骨が前に出てくる。
オスグットなども同じ。

そんなわけでうつ伏せで脛骨の調整。
立ってみると違和感や痛みが消えていました。

試しにその場で歩いてもらい、
また座って車のアクセルを踏む動作をしてもOK!!
良かったです。

クライアントM.D様(男性)

喜びの笑顔

皆さん宣言が解除され体を動かす機会が増え痛めるパターンが多いですね。
日々家でもストレッチや筋トレを習慣にするといいですよね。
(2020年7月17日)