みなさん年末忘年会など食べたり飲んだりの機会が増えたのではないでしょうか?
そこで今回は少し肝臓について触れたいと思います。

肝臓の基本的な役割

腸から吸収された物質は全て肝臓に運ばれます。
これらの物質は用途にあわせて分類されます。
そして体の各組織に必要な形に変えられ送りだされます。
その一方では大量の毒物も処理しなくてはなりません。

現代では様々な着色料・防腐剤・アルコールなど様々な添加物なども処理しなくてはなりません。
1年間に添加物の摂取量は5キロにも及ぶと言われています。
その添加物を一気に摂ったら全身機能不全で死に至ります。
そんなものを処理してくれる肝臓はとても大切な臓器です。
もちろん肝臓だけではなく腎臓や他の臓器の連携もとても重要です。
この肝臓に長期間負担をかける事はとてもリスキーですね。
なので日頃から肝臓をいたわる事が重要です。

どんな症状がでるの?(整体上)

・額の真ん中が痛い
・肘の少し上が痛い
・頭のてっぺんが痛い
・右の鎖骨の下が痛い
・両頬骨が痛い
・右乳首の上5センチくらいに圧痛
・右のわき腹が固く痛い
・痔がある
これは自分でもわかる症状。
どれか1つでも当てはまっていたら肝臓が疲れているかもしれんません。

また整体では胸椎8番が大きく関わってきます。

肝機能低下の症状

(急性肝炎)
熱、喉の痛み、頭痛などの風邪に似た症状。
黄疸や褐色の尿。
食欲不振、だるさ、吐き気など。

(慢性肝炎)
倦怠感、食欲不振、疲れなど

こんな症状は誰でもあると自己判断せず定期的に検査をしましょう。

セルフケア

まずは食生活に気をつける。
アルコールは勿論、
腹八分にとどめ夜ふかしをせず生体リズムを狂わせない。
週末にプチ断食をする。
食事はビタミンAを多く取る。
肝油、うなぎ、レバー、緑黄色野菜(モロヘイア、パセリ、ニンジン、かぼちゃなど)

また過度のストレスも肝臓にダメージを与えます。
ストレス管理も重要です。

マッサージの箇所
右鎖骨の下の痛みのある箇所を優しく円を描くようにマッサージする。

年末年始は食生活のリズムが崩れます。
体調管理にはお気を付け下さい。