(O脚とは)

  • 先天性O脚・・・生まれつきの変形、関節の異常です。
    変形した骨は戻りませんが代わりに膝の負担を減らすための代償作用の筋肉を鍛える事が必要です。
    一般的には治らないと言われています。
  • ガニ股O脚・・・男性に多い症状で膝もつま先も外側に向いています。
  • 内股O脚・・・一般的に言われているO脚です。
    膝のお皿が内向きで女性に多い症状です。
    まっすぐ立って膝の内側がつかずその度合いにより進行具合を判断します。
O脚シルエット

O脚シルエット図

(原因)

ここでは一般のO脚を考察します。

ヒールなどを履くと反り腰になります。
すると骨盤が開き股関節も外側に流れます。
すると外側重心になり膝のお皿は内向きになります。
また外反母趾・偏平足・浮き指などにより外側重心になります。
他にも筋力の低下などもO脚の原因になります。

(当院での施術)

O脚は骨盤の調整(反り腰)はもとより股関節、足首もみていかなければなりません。
皆さんは美容のO脚矯正などに行って、店を出てすぐ戻ったりしたことはありませんか?

外反母趾や浮き指、偏平足など根本的な原因を改善することにより戻らなくなっていきます。
また弱った筋肉も使っていかなくてはいけません。

当院でご指導したセルフケアを続けると最初のうちは筋肉痛になります。
しかし長年使われていなかった筋肉が使われてきてO脚を改善へ導きます。

O脚図1

O脚骨格図

膝下O脚は治りずらいと言われています。
これは見る視点をかえなければなりません。
アキレス腱の進入角度が逆ハの字になっています。
腓骨頭も外側にせり出し、足の外側に筋肉や脂肪がつき太い足になります。
このパターンも日々のセルフケアで改善へ導きます。

全てのO脚に言えますが将来的には変形性膝関節症などになる可能性があります。
早めのうちに対処する事が望ましいです。

歪みがなければO脚によるふくらはぎの張りや足の疲れ、むくみも改善されてきます。

施術はあなたとの共同作業です。
1日も早く良くなるよう誠心誠意施術させていただきます。
一緒に頑張っていきましょう!!

詳しくはゼロポイント療法をご覧ください。