【肩こり】

 

(症状)

肩こり女性

肩こり女性

肩や首などが重だるく、ひどくなると頭痛吐き気なども起こってきます。
肩こりにお困りの方は他にも多くの症状が複合してる事が多いです。
現代はデスクワークの障害が多いのでしょうか。
腕の捻じれ・頭部の位置、目の疲れが多いです。
血流やリンパの流れが悪く首肩の付近に老廃物や乳酸などがたまり、通常お風呂など温めると楽になる事が多い。
マッサージなどを患部に施すとその瞬間は楽ですが、筋繊維を壊し後々辛くなります。
またマッサージをしなければ辛くなることの悪循環を繰り返すことになる。
根本的な解決にはなりません。

(原因)

肩こりは頸椎の神経圧迫が原因の事が多い。
2本の腕を支えるだけでも肩の筋肉は日々酷使されているのに、頭部が前に出ていると肩のつけ根に常に頭の5キロ前後の重さが負担になっている事になります。

また精神的な悩みやストレスなどで頭皮などが緊張したりすると引っ張られ肩の重さにも繋がってきます。

頭をほぐしてあげると楽になる。
特に首の左右の回旋が向きやすくなる。

首の後ろから背中にかけて血液循環が悪くなり肩こりを起こしています。

腕の捻じれからくる場合は肩甲骨の位置が外側に引っ張られ、それに付随して首に付く筋肉などが常に下に引っ張られるため頸椎のずれを生じ、肩首の痛みをもたらします。

この場合肩や肩甲骨の間をマッサージすると余計に歪みを助長しひどくなります。
町のマッサージなどでよく壊されてくるパターンが多いのもこのタイプです。

肩こりの原因となる疾患は高血圧・低血圧・便秘・歯・耳・鼻・目・心臓など様々ですが主に頸椎6番7番の神経圧迫が関係している事が多い。

血圧に異常があるかたは首のつけ根がボコっと出ている方が多い。
思い当たる節がある方は触って確認してみてください。

肩こりを起こす主な筋肉は僧帽筋です。
これは迷走神経の枝で支配されており、内臓機能全てを支配する副交感神経です。

内臓のどこか悪くても僧帽筋に老廃物が溜まり筋肉が固くなり肩こりを起こします。
肩こりはこのように様々な原因があるので対処療法ではなく全体をみることが大切です。

首肩痛み2

首肩痛み図

(当院での施術)

まず全体の歪みをみて解剖学的に正しい位置にない箇所を判断していきます。

全ては骨盤と言っても過言ではありませんので最初に骨盤調整をします。

前述したとおり様々な原因がありますので、その方にあった施術法になります。

肩甲骨の位置を正しい位置に戻すため、腕の調整も合わせて行います。
肩甲骨の癒着もとても多いのでここをはがすととても楽になる方が多いです。

最終的には頭の位置が正しい位置になることを理想とします。

デスクワークの障害が多いのでご自身でのケア運動がとても大事になってきます。
また内臓などの疲労なども関わりますので生活習慣の改善も大切です。

皆様の努力も必要になりますが、一緒に頑張っていきましょう!!

詳しくはゼロポイント療法をご覧ください。